●TOP

●合格体験記から

●勉強法を決める

●通信講座について

●テキスト選び

●試験概要

●難易度・合格率

●学習スケジュール

●勉強法

●マンション管理士の魅力


マンション管理士の勉強法!

この講座では、マンション管理士の勉強法を体系的に紹介してきました、ここまで説明したことを忠実に実行すれば、合格するための準備が出来たといっても良いと思います。

ただ、マンション管理士の試験は難易度が高く、勉強しても中々実力が上がってこないことがあります。
いわゆるスランプというものです。
そうなれば、机に座って勉強しても解決するのは難しいので、実際にマンションの現場を見ることが効果的です。

マンション管理士の試験は実践問題が多く、実践経験がない方だと勉強してもイメージが沸いてきません。
特に設備関係の問題は、専門用語の嵐でチンプンカンプンだと思います。私のそうでした。
そんな時は、建築の入門書を手にとって、実際のマンションを見て回ります。

例えば手すりに錆がないか、どのように排水されているのか、タイルに亀裂はいか、エレベーターの構造はどうなっているのかなど注意して見ます。
専門書をみればその構造がわかるようになっています。

一見意味のない事のように思えますが、このようなことを行なえば、自分の中でマンション管理に対するバックヤードが出来、テキストや問題集に書かれていることが理解しやすくなります。

また、その延長で、マンション管理組合の総会や理事会の様子を見ることができれば、さらに効果的です。

このようなことを繰り返すと勉強だけではなく、マンション管理士という仕事にも興味をもちモチベーションを高めることも出来ます。

テキストやメディア教材を使う勉強も大切ですが、百聞は一見にしかずというようなことわざがあるように、外に出る勉強も効果的です。

是非、試して見てください。
意外とそれが合格の決め手になることもあります。

合格のために必要な教材と勉強方法は?

 

マンション管理士の魅力