●TOP

●合格体験記から

●勉強法を決める

●通信講座について

●テキスト選び

●試験概要

●難易度・合格率

●学習スケジュール

●勉強法

●マンション管理士の魅力


マンション管理士の難易度と傾向

マンション管理士の合格率を見てみます。
年度 受験者数 合格者 合格率 合格点
平成15年度 37,752人 3,021人 8.0% 38点
平成16年度 31,278人 2,746人 8.8% 30点
平成17年度 26,184人 1,909人 7.3% 34点
平成18年度 21,743人 1,814人 8.3% 37点
平成19年度 19,980人 1,479人 7.4% 36点
平成20年度 19,301人 1,666人 8.6% 37点
平成21年度 19,120人 1,444人 7.6% 34点
平成22年度 17,704人 1,524人 8.6% 37点
平成23年度 17,088人 1,587人 9.3% 34点
平成24年度 16,404人 1,498人 9.1% 34点
平成25年度 15,383人 1,265人 8.2% 38点
平成26年度 14,937人 1,260人 8.4% 36点

まずこの合格率をみて感じるのが、マンション管理士の難易度は高いということです。
過去の合格率を見ても若干の変動はあるものの、毎年ほぼ一定の水準になっているので、それほど難易度に変化はないと予測できます。
そして、こらからも急減に難易度が変わることはないはずです。

また、マンション管理士の試験は、受験者のレベルが高くなります。

通常の国家資格の場合(受験資格がない資格)、合格率が低い資格はたくさんあるものの、それは、合格者のレベルが低いことが原因です。
何故なら、国家資格は強制的に受験するものではなく、自主的に受験するものなので、どうしても必死になって勉強してくる人が少ないのです。

それに受験資格がないことで、まぐれ当たりの合格を狙ってくる人も多数います。

しかし、マンション管理士の試験に限っていれば、そうした受験者が通常の国家資格よりも少ないのです。

「不動産管理業界で多くの経験を積み、本気でマンション管理士を目指している受験者」、「マンション管理組合を適切に運営するために必死で勉強している受験者」、「宅建や管理業務主任者の有資格者で、独立開業を目指している受験者」など、 何らかの目的で、真剣に合格を目指している受験者が多くいます。
なので、しっかりとした受験対策もしてきていますし、かなりの勉強もしています。
つまり実際の難易度も合格率ほど難しく感じる試験だと言うことです。

マンション管理士とはそのような試験ですので、市販されている教材を買って独学で勉強して見ようとか、ラクして勉強しようというような考えでは到底合格できません。

通信講座や資格学校を受講して、学習ポイントや合格のノウハウを学び、誰よりも勉強する心構えが必要です。

このサイトの講座を受講している方の中で、マンション管理士の試験を軽く考えている方がいたら、今すぐ考えを変えてください。

マンション管理士は難易度の高い試験だと。

合格のために必要な教材と勉強方法は?

 

学習スケジュール