●TOP

●合格体験記から

●勉強法を決める

●通信講座について

●テキスト選び

●試験概要

●難易度・合格率

●学習スケジュール

●勉強法

●マンション管理士の魅力


マンション管理士の勉強法を決める

まず、どういった方法で勉強するのか決めなくてはいけません。
この講座では、通信講座をお勧めしていきたいと思いますが、多分独学で勉強する方が多いはずですから、マンション管理士の独学について話を進めていきます。

マンション管理士を独学で勉強していると以下のようなケースが非常に多くなります。
「テキストを読んでも理解できない」「●●というテキストが良いと言われて購入しましたが、まったく意味がわかりません。」などです。
多くの方はこのような状況になり、結果的に挫折してしまうのです。

ですが、それは受験者が悪いわけではなく、もしろ、テキストだけで、理解できる人の方が少ないくらいです。
これがマンション管理士を独学で勉強した場合の欠点です。
つまり、講義が聴けないということです。

マンション管理士の勉強と言うのは法律、建築・設備、会計と幅広い知識を理解しなければなりません。
そのため、一つの知識を早く、そして正確に覚えなければいけないのです。

そのような勉強で、テキストだけで覚えようとしても理解が大変で、時間もかかってしまいます。
逆に講義を聴ければ一つの知識に対して理解しやすくなり、記憶にも残りやすくなります。

マンション管理士の勉強は挫折する人が非常に多く、まずはその原因であるテキストだけの勉強と言うことを取り除いて下さい。

また、マンション管理士の独学の欠点は、テキストだけと言うわけではありません。
出題傾向が掴みにくいということもありますし、学習スケジュールの立て方やカリキュラムの組方などの問題もあります。

本気でマンション管理士の合格を狙うなら、独学は決して最善の方法とはいえません。
多少の投資は必要ですが、通信講座や資格学校の利用も検討したいところです。
それがもっとも最短で合格を掴むための唯一の方法だと思います。

それでもマンション管理士の試験に独学で合格を目指す方にアドバイスをするとすれば、多くの勉強時間とそれに耐えられるだけの強い精神力を持つことです。
時間がかかっても良いなら独学での合格も可能になると思います。

合格のために必要な教材と勉強方法は?

 

通信講座について